大人気!台湾LCCの魅力と各社の特徴を知ろう!

05PHBE02

円高などにあまり左右されず、いつも安い航空券で海外へ行きたいと思いませんか?
そんなときに検討して欲しいのが、LCCです。

ローコストキャリアと呼ばれ、通常のレガシーキャリアの航空券よりも破格の安さの格安航空券で海外旅行ができます。
国内にもLCCはありますが、海外路線、特に台湾LCCについて紹介しています。

<日本~台湾線はLCCの路線も豊富!>
日本から台湾へ行こうと思えば、航空会社を使います。
賢いあなたならできるだけ安い旅費で、現地で思う存分観光やお土産、ブランド品を買いたいと思いませんか?

同じ距離を飛ぶのに、料金が倍近く差があるのであれば、迷わずLCCを選ぶはずです。
日本からは、複数路線、成田や大阪以外にも名古屋、羽田、福岡、沖縄などから台湾へ飛ぶ便がそろっています。

台湾は海外ですが、近くて行きやすい国です。セール商品、キャンペーン、バーゲンセールなどを利用して、LCCで台湾旅行を思う存分楽しんでみまんせんか?

<日本で利用できる台湾線に就航しているLCC>
台湾の主要空港は、台北の桃園、台北の松山、高雄の3か所になっています。
ところが、一番便利な台北の松山へは、でていなく、桃園や高雄の空港を利用することになります。

特にLCCで台北へ行く場合は、桃園に行くことになるでしょう。
台北市内へは、電車でも高速バスでも行けるようになりましたので、ますますアクセスがよくなっています。

日本~台湾線のあるLCCは、
ピーチであれば、羽田~桃園、関空~桃園・高雄、那覇~桃園になります。
ジェットスターであれば、成田~桃園、中部~桃園です。
バニラエアは、成田~桃園・高雄、関空~桃園です。
タイガーエアは、成田~桃園・高雄、羽田~桃園、関空~桃園・高雄、中部~桃園、福岡~桃園、那覇~桃園、仙台~桃園です。
スクートは、成田~桃園、関空~高雄、札幌~桃園です。
Vエアは、羽田~桃園、関空~桃園、茨城~桃園、中部~桃園、福岡~桃園、那覇~桃園です。

<さらにお得になる台湾LCCの利用法>
台湾LCCは、格安で台湾に行ける方法です。
価格が4割以上も安くなると、何度でも海外旅行が楽しめます。
台湾が好きで仕方がない、何度も台湾に行きたいと思う方であれば、さらにお得にLCCを活用する方法があります。

どのLCCにもありますが、定期的にキャンペーンやセールを開催しており、この期間内に航空券を購入すれば、数百円の航空券も手に入れることができます。

キャンペーンやセールの情報は、LCCのサイトにて発表されますが、メルマガやLCCに詳しいサイトを運営している旅行会社の顧客になると情報が入ります。

格安のLCC航空券だからといって、いつもと違うわけになるわけではなく、あくまでも「安さ」をさらに強調した顧客のために提供しているものと考えてください。

⇒LCCの予約・比較ならスカイチケット

台湾初のLCC、タイガーエアは良心的で利用しやすい

05PHBE04

タイガーエアといえば、いかにも台湾らしい名称の格安航空会社ですが、台湾初のLCCとして常に注目されています。
台湾のチャイナエアラインが9割出資し、タイガーエアウェイズが残りを出資して設立されたLCCです。シンガポール航空の傘下にもなります。

タイガーエアは、短距離線を得意とするLCCだと理解しておけばいいでしょう。

<日本でのタイガーエア>
チャイナエアラインが9割出資していることもあり、日本でも安心して利用できるLCCになります。

燃油サーチャージも不要で、航空券代も高額にならずわかりやすくなっています。他のLCCと同様に食事やドリンク、毛布などの追加サービスは、有料での提供となっています。

日本に乗り入れている便は、成田、関空、那覇、函館、岡山など少しずつ増えています。

2015年から拡充されてきていますので、今後もますます日本の各地方から台湾へ行きやすくなると考えられます。

日本人も大歓迎の台湾だからこそ、LCCのタイガーエアの存在感がますますクローズアップされています。

<タイガーエアの運賃やサービスは?>
台湾に行くなら台湾LCCです。台湾LCCで最も信頼できるタイガーエアの運賃やサービスはどうなっているのでしょうか?
運賃体系には、2種類あって、ライトとコンボに分かれています。

ライトは、機内への手荷物持ち込みが10kgまでになっています。

一方、コンボは、機内食やなどは料金が含まれます。
タイガーエアで注意する点は、預け荷物の料金が入っていないことです。

持ち込みの荷物以外で、手荷物を預ける場合は、別途料金になりますが、必ず予約をしてください。予約をしないと割高な料金を請求されてしまいます。

機内食は1000円程度の内容、運賃には税金や燃料代が含まれています。

<安いだけじゃ物足りない人のためのタイガーエア>
タイガーエアは、日本から台湾へ行くならぜひ利用したい台湾LCCです。

新たな便が続々と増えていますので、今後もタイガーエアの料金は安くなり、サービスも充実していきます。
日本のLCCではなく、あえてタイガーエアを選ぶ理由とはどのようなものでしょうか?

シンガポールの航空会社として日本に乗り入れているのは、台湾のみになっており、台湾へ行くなら、絶対選ぶべきLCCです。
ただ、日本人よりも台湾人が利用しやすいフライトスケジュールが組まれています。

タイガーエアを利用した感想や口コミを見ると、普通のLCCとして問題なく使えるとのことです。

機体やシートも新しくて清潔です。シートが少々狭いのもLCCなら許容できるはずです。

ANAホールディングスのLCCバニラエアならサービスも充実

05PHBE03

台湾LCCのなかでもANAホールディングス出資のLCCといえば、バニラエアです。

2013年末に登場したバニラエアですが、就航時から大変な人気を誇り、日本の主要都市にある空港から台北や香港などのアジアの人気の観光地へと数多くの航空便が毎日飛んでいます。

<リゾート路線重視でサービスもいいバニラエア>
ANAが母体のLCCとあってか、お値段よりもサービスに重点が置かれてるのが、バニラエアの特徴です。

国内では成田を中心に新千歳、那覇、鹿児島の奄美大島へと就航しています。そして、国際線になると、成田から桃園、香港、高雄へと就航しています。
料金は、最安値では1万円を切ることもあります。

片道では5000円を切ることもあってか、登場以来人気のLCCとして知られています。
台湾へは3時間~4時間で到着しますので、屋台やグルメ、マッサージなど本場の台湾・台北の観光旅行が気軽に楽しめるようになった、と評判もいいLCCです。

<成田~台湾路線の多いバニラエアの評判は?>
わかりやすく価格体系で、日本人が利用するにはぴったりのLCCです。
ホームページに記載の料金やサービス内容を見ても、料金も手頃で、今度の週末にでも気軽に台湾に行ってみようかと思わせる作りになっています。

ウェブチェックインは、国際線ではできないようになっており、旅程表を印刷するか、空港カウンターで搭乗券を受け取る必要があります。

飲食物の機内持ち込みは、アルコール類以外は許されているので、余分な費用がかかりません。

シートは狭いと言われていますが、3時間程度のフライトであれば我慢できそうです。機内食はドリンクを含めても1000円以内と格安の部類に入ります。 

デメリットといえば、遅延・欠航の際の連絡が遅かったり、正確ではないことです。
気になる場合は、直接バニラエアに問い合わせたほうがいい場合があります。

<LCCバニラエアは人気はあるがいろいろ問題も多い>
ピーチやエアアジアと並んで日本人が利用することが多いLCCバニラエアですが、機体の故障により、大量欠航した際の対応のまずさにより、評判が悪くなってしまいました。

何も起こらなければ、安心して利用できるLCCだとは思いますが、トラブル時の対応は、よくないようです。

トラブルではなくても、遅延時にも地上の対応にまずさが目立ちます。
航空券の料金は、変動運賃です。大手の航空会社に比べると、最大で8割割引、通常は半額程度の値段になっています。

Vエアはトランスアジア航空が設立した台湾のLCCです!

05PHBE01

タイガーエアとVエアは、同時期に設立され、台湾の航空会社が設立したLCCとして、ともにライバルにあるともいえる存在です。

Vエアは、航空券のお値段が激安というわけではなく、同じLCCと比べるとそこそこの安さとなっています。

しかし、機内も新しく、CAもフレッシュな顔ぶれ、機内食の質の向上など、ライバルよりもサービスは上といえるかもしれません。

<ブランドやサービスなど格安でも質にこだわるVエア>
トランスアジア航空が2013年に設立したLCCが、Vエアです。
トランスアジア航空の子会社ということもあり、中国やシンガポールなどにも就航しています。

そして、日本では成田へは就航しておらず、Vエアとトランスアジア航空は、関空など一部の都市を除いて、別々の都市に就航する形になっています。

日本路線は、台北~茨城線で初就航になり、定期路線では、中部線、関西、福岡、茨城などの定期便が少しずつ就航しはじめています。

Vエアは、初めて台湾人が自己で経営するLCCとして知られ、ネーミングやイメージキャラクター、ロゴなども公募で決まり、台湾の方にとっては、大変思い入れの強いLCCになっています。

<Vエアの運賃や手数料はどうなっている?>
Vエアの運賃体系は大きく分けて3種類です。グレード別になっており、星のマークの数でグレードを表現するわかりやすいものになっています。

星一つの場合、手荷物を預けるのが有料です。星二つであれば、15kgまでの受託手荷物、座席指定になります。

星三つであれば、20kgまでの受託手荷物と座席指定、さらに機内食がついています。手荷物料金の追加は、ネットでの予約時のみになっていますので、手荷物が多いなと思ったら、少し減らしながら、あらかじめ予約を入れておけば、追加料金も2000円~3000円程度で済みます。

片道は1万円前後、往復で2万円以内で台湾に行けますが、限定販売なら片道4000円台も用意されています。

<台湾LCC、人気のVエアを実際に使用してみた感想は?>
台湾人が経営する台湾初のLCCということもあってか、台湾人向けのフライト予定になっています。

しかし、さらに安い台湾LCCと比べると、快適さがはっきりとわかるようです。

機内も新しく清潔で、シートのピッチも広めになっています。機材そのものが、まだ新しいA320、A321機ですので、他社も同じ機材を投入することになれば、同様の評価になるでしょう。

機内の持ち込み手荷物は10kgと他のLCCよりも多めです。
燃油費用は、運賃に含まれています。

食べ物や飲み物はもっていても大丈夫ですので、大変利用しやすい台湾LCCです。

サービスに定評があるシンガポール航空が設立した台湾LCCスクート

05PHBH02

サービスのよさには定評があり、イギリスの調査会社のランキングでも5つ星を獲得したことのある航空会社が、SINGAPORE航空です。

そのシンガポール航空が設立したLCCがスクートです。2011年に設立され、シンガポールやシドニー、台湾の台北にも飛んでいます。

お値段は2万円以下ですが、格安とは呼べずそこそこ安い台湾LCCが、スクートです。

<中長距離が得意なLCCスクート>
SINGAPORE航空が設立し、当初はシンガ~シドニー間を就航していたスクートですが、日本への就航も早

2015年になり、関空や新千歳など日本の地方空港にも就航するようになりました。
他のLCCとの違いとしてよく挙げられている点は、機材にボーイング787やボーイング900を用いているところです。

もちろん、長距離にも対応しています。シドニー、バンコク、天津など、台湾以外の国への利用もしやすくなっているのが、スクートの大きな特徴です。

<実際にはお値段はそこそこのLCCスクート>
スクートを利用してみると、格安航空券といっても、特別に安いというわけではないことに気づきます。運賃体系は、4段階に分かれています。

フライ、フライバッグ、フライバッグイート、スクートビズです。スクートビズは、レガシーキャリアであれば、プレミアムエコノミーに相当します。

バッグやイートが付くと手荷物や機内食が付くわかりやすい運賃体系です。

運賃は、変動型になっていますので、一定しておらず、時価によるものと考えてください。
空港使用料も必要になりますが、片道では、1万7千円前後になりますので、格安とは言い難いLCCです。

機内持ち込み重量制限は、7kgですが、手荷物用の小さなバッグなら、プラス3kgまでは大丈夫です。

東京~台湾までは、5時間を超えることはありませんが、5時間以上のフライトですと、各種手数料が割高になります。

<台湾LCCスクートの本当の口コミや評判は?>
前評判も高く、シンガポール航空が設立したLCCとして、安心して利用できると評判のスクートですが、実際にはどうでしょうか?

成田~台北では初めてのLCCということもあり、当初は注目されましたが、台北発の時間がとても早く、早朝になっています。

台湾LCCは、どの会社もどちらかといえば、台湾人の利用を主に考えられていて、スクートも同様です。

運賃は、荷物が多ければ、往復3万円~4万円前後になります。セールや限定価格で格安を狙うなら、どうしても他社LCCになってしまいます。

機材がシンガポール航空の中古ですので、大手とシートは変わらないにせよ、多少の汚れや使用感ありとの報告があります。

機内への食べ物の持ち込みは原則禁止です。機材にもよりますが、室内は広めです。

機材は新しいボーイング787-9になってきているようです。そのため、シートは狭いという感じではなく、日本の国内線に乗り慣れている方なら違和感なく乗り続けることができます。